グループホーム

株式会社クレイドル

  • HOME
  • インタビュー
  • いせ木 高柳さまの娘さんにインタビュー

いせ木 インタビュー

入居者のことを大切に考えてくれるスタッフさんだから安心

あつた荘 加藤さま

加藤さまの息子さんにお話を聞きました

以前、父は姉と住んでいたのですが母を亡くしてから、
施設を探していて、たまたまあいていたいせ木さんを紹介されました。
その後見学に来た時にお泊り体験会というのもあったのですが、
本人もここが良いと言ったのでトントン拍子で決まりました。

その後、半年ぐらいたった後に脳梗塞を起こしたんですね。
自分でもちょっとおかしいと感じていたようですが、
スタッフの方がしている毎日のチェックで何か雰囲気がおかしいと気づいてくれたんですね。
私は仕事をしているので「病院に連れて行きます」という連絡をもらい、任せていたんです。
その時はそんなに大事になっていないと思っていましたが、
検査とか全ていせ木のケアマネさんがついてくれていたんですね。
私がついた時には入院の手続きにサインするぐらいまですんでいました。
「こんな事ならもっと早く来るべきだしたね。すいません。」と謝ったら
「いいですよ。それよりもお父様が無事で良かった」と言っていただけたのが印象的です。

早く見つけてもらったのと処置が早かったのもあり、ほとんどマヒとかは残らない程度に回復をしました。
普段家をあけている事を考えると父の異変にも気づけなかっただろうし、
施設に預けていて良かったと感じた瞬間です。

いせ木のスタッフさんは、
とにかく色々と父の事を考えて対応してくれます。
例えばいせ木さんでご用意いただく床屋さんが
父は嫌だと言うんです。
40年以上お付き合いしている床屋さんに行きたいというので、
普段は私が連れていくんですが、
どうしても仕事で都合つかずに行けなかった時があったんですね。
その時、「今度の日曜日に連れて行くから」と伝言をお願いしたら、
「どうしても本人が今から行きたいというので連れていきますね。」
と言っていただけました。

また、入居前は日課にしていたお寺さんに朝に行き、
奉仕活動をしてお昼を食べ、
お参りしていくという生活もケアマネさんが連れていってくれると言っていただけたんです。
結局その後脳梗塞になって行けなくなったんですが、
そこまでしてくださると言っていただけただけでも良かったねと父には言っています。

毎月送られてくるいせ木通信も楽しみのひとつです。
小さくですが写真も載っているのでまずは自分の父親を探しますね。子どもたちと一緒に楽しみにしています

季節のイベント事や旅行などもあって、今度の5月にはなばなの里に旅行に行く予定のようです。
私もなるべくどこかに連れていってあげたいのですが、
脳梗塞後は外に出かけるのもトイレの介助が必要でトイレに行くだけで大騒ぎになります。
できるかぎり親孝行したいと思っているので、
こういう施設が主催してくれる旅行は一緒に行きやすいので助かります。
父もおだやかに暮らしていて、
満足しているようなので良い施設に預ける事ができて良かったなと感謝しています。

グループホームについてお気軽にお問い合わせください

資料請求する 見学のお申し込み

名古屋市エリアよびつ木 名古屋市エリア
よびつ木

〒457-0014
名古屋市南区呼続一丁目3-8
TEL. 052-824-1066
FAX. 052-824-5660

名古屋市エリアあつた荘 名古屋市エリア
あつた荘

〒456-0043
名古屋市熱田区神戸町914
TEL. 052-671-5115
FAX. 052-671-5116

丹羽郡エリアもみの木 丹羽郡エリア
もみの木

〒480-0102
愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄
字北東川171
TEL. 0587-92-3663
FAX. 0587-92-3664

北名古屋市エリアいせ木 北名古屋市エリア
いせ木

〒461-0014
北名古屋市井瀬木郷前62
TEL. 0568-29-5080
FAX. 0568-29-5081